強みに目を向けることの大切さ

人は、自分自身や人の強みではなく、弱みに目を向けがちです。

人の長所よりも短所の方が目につきやすいですよね。


自分を活かせない、自分を肯定できなくて弱弱しくなってしまうのは、

強みを活かせていないことが原因かもしれません。

自分を活かし、自分を肯定して今よりも力強く生きていくには、

強みに目を向けていくことが大切です。


画像の説明


普段、どこに目を向けているでしょうか?

弱みに目を向けていないでしょうか?

自分を活かせなくて自信を失ってしまうと、ますます弱みに目を向けてしまいます。


弱みの分野は苦手な部分なので、成果が上がりにくく、苦しい努力になります。

自信を失うと、だんだんモチベーションが下がっていきます。

弱みの分野では、強みの分野である人に負けてしまい、報われにくいです。


人と比較して、自分は劣っていると思うのではなく、
人と自分の強みは違うのだということを理解することです。

そして、自分自身の強みを見つけることが大切なのです。

強みを見つけてご自身を活かしたい方は、コンサルティングをご活用ください。

サポートいたします。

コメント


認証コード6881

コメントは管理者の承認後に表示されます。