経営者としての自分を振り返る

会社の経営を継続することは、とても厳しいものがあります。


会社の破綻の原因というと、

景気低迷や競争激化を思い浮かべますが、


実は、経営者のスキル不足や知識不足などの力量不足が、

大きな原因となっているのです。


画像の説明


経営者が自分自身の弱点を認識していなかったり、

それを見て見ぬふりをしていたり、

わかっていても助けを求めることなく、

そのままにしてしまった結果、

どうにもならなくなって破綻してしまうそうです。


会社の経営には、経営者の性格や考え方が大きく反映されます。


ですから、「経営者としてどう成長していくのか?」

ということに焦点を当てて、自分自身を見つめ、現状を知り、

改善していく必要があります。


それは、経営者としての資質を高めていくということです。


人格と能力の両面を高めていくことで、

リーダーシップを発揮していくことができます。


どちらかが極端に劣っていると、

会社の経営はうまくいかなくなってしまいます。

コメント


認証コード2772

コメントは管理者の承認後に表示されます。