人をコントロールしようとすると、信頼残高が減っていく

自分の望みや主張を通したいとき、
人をコントロールしようとしていないか、振り返ってみましょう。

相手の立場からすれば、自分のことを理解してくれない、
自分のことを考えてくれないと感じます。

そして、強引なやり方に納得がいかないので、反発したくなります。

こちらの言うことを拒否したり、心を閉ざしてしたりします。


この場合、Win-Lose(自分が勝ちで、相手が負け)になってしまいます。

信頼関係が崩れ、怒りや恨みを買うことになります。

その時に自分の主張が通ったとしても、後々、人間関係が悪くなります。

自分がされたら、嫌ですよね。

それを相手にしないように気をつけることが大切です。


画像の説明


また、自分のWinだけを考えた言動も、信頼関係を失います。

自分のWinだけを考えているときは、
自分が得たいものにばかり意識がいっていて、
「とにかくこれが欲しい!」という思考になっています。

人の気持ちや、人との信頼関係を築くことに
あまり意識が向かっていません。


自分は欲しい結果を得られるかもしれませんが、
相手の気持ちや立場を思いやる気持ちを忘れると、
自分が気づかないうちに、相手の信頼を失ってしまいます。


Win-Win(自分が勝ちで、相手も勝ち)の結果にすることで、
双方が納得し、信頼関係を築くことができます。


そのためには、相手の立場から問題を見ることが大切です。

自分の主張を通したいのをぐっとこらえ、
相手に対して思いやりをもつことです。

相手を思いやるとは、相手の立場や気持ち、
つまり、相手が望んでいることや、相手が恐れていること、
心配していることは何かを理解しようと努力することです。

自分だけでなく、相手もいいように考える。


お互いにこの考え方が出来ないと
Win-Winの結果にすることは出来ませんが、
まずは、自分が率先してリーダーシップを発揮してみませんか?

コメント


認証コード6941

コメントは管理者の承認後に表示されます。