人を好きになる力

『仕事でいちばん大切な人を好きになる力』

ライフネット生命保険 代表取締役社長の
岩瀬大輔さんが書かれた本です。

その著書の中で、人間関係に役立つ大切なことが書かれていました。


(本文より)

われわれはつい、人間関係を難しく考えてしまいます、

誰かのふとした視線に「嫌われてるんじゃないだろうか」と思ったり、
何気ないひと言に「怒らせてしまったんじゃないか」と悩んだり、
飲み会の帰り道に「余計なこと、しゃべり過ぎたかな」と気を揉んだり。


しかし、よく考えてみましょう。
これらはすべて「相手からどう思われているか」という
相手ありきの悩みでしかありません。

自分がどう思われているかを思い悩んだところで、
答えは堂々巡りするだけです。


画像の説明


それに対して、本書で繰り返し述べてきたのは
「相手がどう思っていようと、まずはこちらから『好き』になろう」という、
自分ありきの発想になります。


最初に自分が「好き」になり、その気持ちをきちんと相手に伝える。

感謝の気持ちを伝え、尊敬の念を伝える。

そうすれば、自然と友達は増えるし、仲間も増えていくはずだと思います。

ぜひ「人を好きになる力」を育てていきましょう。



自分のことを好きな人を嫌いになるのは難しい
ともおっしゃっていました。

まずは、「自分から人を好きになる!」

そして、「どんな人からも学べることはある」という思いで、
人と接することの大切さをおっしゃっていました。

コメント


認証コード0966

コメントは管理者の承認後に表示されます。