幸せの種の見つけ方

本田健さんの著作『これから、どう生きるのか』の中で、
幸せの種の見つけ方についてお話されていました。

(本文より)

幸せというのは、目標を立てて達成するものではありません。

毎日の生活を送っているうちに、
「ああ、幸せだなぁ」とふと気づくものです。


そのためには、ふだんから、
少しずつ心の中を整理していくことが大切です。

今の生活の中でイヤなものを1つ手放し、
そのかわりに好きなものを1つ増やすという
単純な作業を繰り返していくと、幸せの種が見えてきます。


自分が本当に好きなもの、やりたいことを見つけるたびに、
それを手にとり、代わりに、
もういらないと感じているものを手放してみるのです。

そうすれば、あなたにとっての幸せの種は、
じつは、自分の心の中に眠っていることに気がつくでしょう。

それは、あなたの大好きなことの周辺にあります。


画像の説明


人生の目的というと、おおげさな感じがすると思いますが、
自分を幸せにする種を探すというと、
できそうな気がしてきませんか?

あなたの人生の目的も、今の日常の延長線上に見つかります。

自分の心がドキドキすること、楽しいこと、
人に喜んでもらえることを
少しずつでもいいので、やってみましょう。

それは、あなたの心に眠る幸せの種に、水をやる作業です。


例えば、カフェに行く、散歩に行く、友達に会いに行く、
美術館に絵を見に行く。

そういったごく日常的なことでいいのです。

それは、必ずあなたのワクワクするような未来へとつながっていきます。

今は点と点がつながらなくても、しばらくすると、
それが幸せへの道だったことに気がつくでしょう。

(ここまで)


好きなものや、やりたいことを増やすだけでなく、
いらないものを手放すこと。

本当に自分にとって大切なものは何なのか。

幸せとは、もっとシンプルなものなのかもしれませんね。

世間の価値観に惑わされず、
自分にとっての本当の幸せを大切にしていけるといいですね。


大切な時間を何に使うのか? 

また、誰のために使うのか?

これを研ぎ澄ましていくことで、
より喜びや幸せを感じられることを増やしていきましょう。

コメント


認証コード5629

コメントは管理者の承認後に表示されます。