やりたいことがない、のではなく…

やりたいことがない。

自分が何をやりたいのかわからない。

そんな悩みに答えてくれる本をご紹介します。


堀江貴文さんは、著書『ゼロ』の中で、
やりたいことがないのではなく、
最初から「できっこない」と諦めているのだ、
とおっしゃっています。


(本文より)
やってもいないうちから「できっこない」と決めつけて、
自分の可能性にフタをして、物事を悲観的に考える。

自分の周りに「できっこない」の塀を築き、
周囲の景色を見えなくさせる。


だから、次第に「やりたいこと」まで浮かんでこなくなるのだ。

欲望のサイズがどんどん小さくなっていくのである。


逆にいうと、「できっこない」という心のフタさえ外してしまえば、
「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。


注意しよう。

仕事でも勉強でも、あるいは恋愛であっても、
人は「できない理由」から先に考えると、
どんどんネガティブになっていく。


自分がいかにダメな人間なのか。

そんなことばかりが頭をよぎり、負の自己暗示を強くしていく。

「だから僕には何もできない」のだと。


画像の説明


真面目な話、ネガティブに「できない理由」を考えて
好転する物事など、ひとつもない。


突き抜けられる人と、そうでない人の違いは、次の一点に尽きる。

物事を「できない理由」から考えるのか、
それとも「できる理由」から考えるのか。

それだけだ。

突き抜けられるかどうかは能力の差ではなく、意識の差なのである。


もしあなたが「やりたいことが見つからない」と悩んでいるなら、
まずは「できっこない」という心のフタを外していこう。

何事も「できる!」という前提に立って、
そこから「できる理由」を考えていくのだ。



「できない理由」から考えてしまう「できない自分」から、
「できる理由」を考える「できる自分」を目指すことで、
やりたいことが出てくるといいですね。

コメント


認証コード9802

コメントは管理者の承認後に表示されます。