自分を見つめ直すことの大切さ

「何をしたらいいのかわからない。」

「これからどう進んだらいいのかわからない。」
という時は、

画像の説明

「自分は本当はどうしたいのか?」
という問いと真剣に向き合うことです。

自分のことは知っているようで、案外知らないものです。
自分の人生ですから、自分の想いがとても大切です。
自分の想いに気づけば、進んでいくことが出来ます。

仕事や事業としてやっていくためには、自分が持っているスキルや経験、強みに目を向けていくことがとても重要です。

もしあなたが、いつも自分を否定していて、自信を無くしているならば、自分自身の良さに気づき、自分を肯定してあげる必要があります。

自己肯定という土台なしには、築き上げていくことが出来ないのです。

「どういう人生にしたいのか?」
「何を大切にして生きていきたいのか?」

「どんな会社や事業にしたいのか?」
「どんな自分、どんな経営者になりたいのか?」

本質を深く追求していくことで、自分の想いを大切にした生き方に近づくことが出来ます。

想いと行動が一致するからです。

人は固定概念を持っていて、それに縛られて選択をしています。

自分では気づいていない思い込みなので、それによって生き方ややり方が制限されてしまっているのです。

自分の殻を打ち破るには、この思い込みを打ち破ることが必要です。

自分を客観的に見つめ、自分を掘り起し、心と向き合うことで、これからの方向性を見出すことが出来ます。