感謝することが悔しいという抵抗

感謝したほうがいいときに、腰を低くすることができずに突っ張ってしまうことがあります。

感謝することに、心が抵抗してしまうんですね。

腰を低くすることが出来ずに、かえって腰高くしてしまいます。

相手からすると、「なんだその態度は!」となります。

相手のことが好きで関係が良好ならば、感謝することは容易なのですが、

相手との関係がうまくいっていないときや嫌いな人だと、感謝することが難しいです。


画像の説明


感謝のない人間関係はうまくいきません。

どんなに愛しあって結婚した夫婦でも、感謝の気持ちがなければ、関係は破たんしてしまいます。


感謝することに対して抵抗があるときは、感謝に対しての思い込みがあるかもしれません。

お互いに突っ張っているときに、低姿勢になった方が負けのような気持ちがしませんか?


腰高く突っ張っていては、感謝は出来ません。

「負けるもんか!」と意地を張っているときは、弱さを見せたくありません。

しかしながら、感謝をするということは、負けることでもないし、弱さでもありません。

人を許せる人を弱い人だと思いますか?

人を許すことの難しさを知っている人ならば、弱い人だとは思わないでしょう。

自分を傷つけた人を許せるということは、その人の中に大きな愛や優しさがあり、強さがあるからなのです。

人としての器の大きさを持った人なのです。


感謝も同じです。

そういうときに感謝することを選択できたら、自分を褒めてあげてください。

相手に勝っただの、負けただのという視点では、いがみあう関係にしかなりません。

勝った負けたを超えた、高い次元の選択ができることは、とても素晴らしいことなのです。

コメント


認証コード3359

コメントは管理者の承認後に表示されます。